記事内にプロモーションが含まれています。

旭川市から鹿児島市の引越し料金・見積り金額/単身引越しや家族の場合の費用相場は?

旭川市からの引越し料金相場

引越し料金相場旭川市から鹿児島市への引越し口コミや料金相場情報などを掲載しています。

旭川市から鹿児島市までは約2530kmもの距離があり、日数がかかる引越しとなります。

遠方となるため、荷物の到着は最低でも中1日を見ておきましょう。

時期によってはさらに日数と料金がかかる可能性もあります。

運ぶ予定の荷物の中で、不必要なものが無いか?という点を見直し、料金がかからないようにしましょう。

旭川市から鹿児島県鹿児島市までの引越し料金相場

引越し人数 通常期(4月中旬~1月) 繁忙期(2月~4月初旬)
1人暮らし 68000~312600円 78800~298500円
2人暮らし 151600~537600円 269900~525000円
3人暮らし 253300~729500円 374400~764500円
4人暮らし 317000~940400円 476600~991300円

引越し料金相場引越し料金でなるべく出費をしたくない人へ

引越し見積りはネットから申し込む方が、損をしにくいです。

見積りを複数社からもらうことで、2万円~5万円も安くなる事例が多くあります。

どうせ同じサービスを受けるなら安くて損しにくい引越しをしませんか?

リンク先のページで理由を解説しています。

引越し引越し見積りはネットから!損をしにくい理由を解説

引越しの移動範囲が近い場所の引越し関連情報

旭川市から尼崎市の引越し料金・見積り金額/単身引越しや家族の場合の費用相場は?
旭川市から尼崎市への引越し口コミや料金相場情報などを掲載しています。 旭川市から尼崎市までは約1680kmもの距離があり、日数がかかる引越しとなります。 遠方となるため、荷物の到着は最低でも中1日を見ておきましょう。 時期によってはさらに日...

旭川市からその他の都市への引越し情報

旭川市から全国各市・区への引越し料金相場を紹介!
「旭川市からの引越し料金相場」の記事一覧です。

旭川市から鹿児島市の単身引越しの口コミ

鹿児島市1人暮らしの引越し料金

42歳/男性
引越し先:鹿児島市
引越し人数:1人暮らし
引越し日数:2日間
時間帯:休日午後
引越し会社:アップル引越センター
引越し料金:126600円
旭川市から鹿児島市までの引越しを経験した私の感想です。
この引越しは1人暮らしの引っ越しで、2日間かかりました。休日の午後に運び入れを完了させました。引越し会社はアップル引越センターに依頼しました。5月に行った引越しで、距離は2530kmでした。

引越し業者の選定は慎重に行いました。自力での引越しはケガの心配もあるため、安全を考えて業者にお願いしました。ただし、遠方への引越しは運送費が高くなるということも理解していました。

荷造りは自分で行ったので、費用を抑えることができました。特に混載便を利用することで、費用をより抑えることができました。ただし、大きい家具は自分たちでは運べなかったので、引越し会社の力を借りました。

春先は引越しの需要が高まるため、料金が2倍以上になることもあるそうです。この点は注意が必要ですね。

引っ越し後は、電気の使用開始手続きなどを行いました。特にお皿類の梱包は丁寧に行いました。大切なものが割れないように気を配りました。

以上が私が旭川市から鹿児島市までの引越しを経験した際の感想です。

旭川市から鹿児島市の3人・4人家族の引越し口コミ

鹿児島市3人暮らしの引越し料金

40歳/男性
引越し先:鹿児島市
引越し人数:3人暮らし
引越し日数:4日間
時間帯:休日午前
引越し会社:サカイ引越センター
引越し料金:744300円
旭川市から鹿児島市までの引越しを経験しました。
3人暮らしの引っ越しで、4日間かかりました。引越し会社にはサカイ引越センターに依頼しました。
11月の休日の午前に家財道具を運び入れ、距離は2530kmでした。
机は解体して運び出しやすくしました。家具を分解した後には、ネジや六角レンチを分かるようにしました。
荷物量を減らすために、要らないものは捨てておきました。特にマットレスは運ぶのが面倒でした。
また、ベッドはバラさないと運べないことが分かりました。
引越し費用は744,300円かかりましたが、やはり費用はかかってしまいます。
混載便を利用できると安くなることがありますが、土日や祝日は料金が高くなることも覚えておくと良いでしょう。

私が旭川市から鹿児島市へ引越しをした際の感想を述べると、引越しは予想以上に大変でした。
4日間かけて家財道具を運び入れ、サカイ引越センターに依頼したため、費用は744,300円かかりました。
距離は2530kmと長く、さまざまな工夫が必要でした。

私たちが家具を運び出す際には、机を解体して運びやすくしました。
家具を分解した後も、ネジや六角レンチがどれに使われるか分かるようにしました。
また、荷物量を減らすために要らないものは事前に捨てておきました。
特にマットレスは重くて扱いづらく、運ぶのに一苦労でした。

そして、ベッドはバラさないと運ぶことができないことに気づきました。
引越し費用はやはりかかってしまいますが、混載便を利用すると少し安くなることもあります。
ただし、土日や祝日は料金が高くなるので注意が必要です。

今回の引越しでは、たくさんの工夫と努力が必要でしたが、新しい生活を始めるためには必要な段取りだと感じました。引越しの準備がうまく進めば、もっと円滑に行くことができるでしょう。引越しを考えている方は、前もって十分な準備をすることをおすすめします。



引越し見積り


引越し見積り



ネットの見積りで料金が安くなる理由とは?

ネット引越し見積り解説



安い引越し業者を見てみる【PR】



ネット引越し見積り解説



安い引越し業者を見てみる【PR】

コメント

タイトルとURLをコピーしました
inserted by FC2 system